狂気のマネーシステム

2017.11.27 Monday

0

    現代社会は2つの“狂気”によって秩序が保たれている。
    1つは、核抑止と言う狂気だ。
    人類は既に地球を何千回も滅ぼせるだけの核兵器を保有している。
    もしも第三次世界大戦が勃発したら、人類の殆どは滅び去ってしまうだろう。
     

    それを防ぐために、人類は核保有国同士が互いに核を突き付けあっている。

    いわば互いに相手のこめかみに銃を突き付けあい、秩序を保っているわけであり、

    狂気としか言いようがないだろう。

    何かしらの間違いであったとしても、

    誰か1人がその引き金を引けば、人類は滅んでしまうのである。

     

    もう1つの狂気はお金である。

    現代社会に生きる人は、誰しもほぼ毎日のように何らかの形でお金を使っているだろう。

    お金は核兵器よりも遥かに身近で、日々の生活に欠かせないものだ。

    にも拘わらず、多くの人はお金の事を殆ど知らない。

    だから、お金と言うモノが狂ったシステムの上に成り立っている事も知らない。

     

    この狂ったシステムは、私たちから自由な意見による政府、信念による政府、

    大多数の投票による政府を奪った。

    選挙を通じて、政治に民意が反映されていると思うなら、それは幻想に過ぎない。

     

    例えば、日本の1年間の税収は、平成28年においては約58兆円だ。

    この収入から約24兆円を国債費に充てている。

    国債費とは過去に発行した公債や借入金の返済、利子の支払いに必要な経費のことだ。

    分かり易く言えば、「借金の返済」である。

    収入の半分近くが借金の返済なのである。

    しかも、元本の返済ではなく、利払いに過ぎない。

    つまり、借金は全く減っていないことになる。

     

    利払いの後に残ったお金で、国防や社会保障を賄うことは無理なので、

    毎年新たな公債を発行している。

    平成28年度予算における、新規公債発行額は約34兆円だ。

    これがこの国の現実である。

     

    会社がその運転資金を毎年借り入れで調達しているとしたら、

    その会社の経営陣に実権はあるだろうか?

    資金の貸主が望まない経営方針を採る事はできないだろう。

    もしも、そんなことをするなら、資金の提供を止められてしまう。

    その結果は言うまでもなく倒産だろう。

     

    日本という国家も、このような会社と同じ状態なのである。

    如何に国民が選挙で政治家(政策)を選ぼうとも、

    貸主の意向に反する国家運営は不可能なのである。

     

    つまり、日本政府は政府にお金を貸す、小さなグループの支配者によって拘束されている。

    そして、このような体制は世界中の殆どの国においても同様なのである。

     

    影の支配者と言ってもいい小さなグループとは何か?

    それは銀行である。

    お金の仕組みを知る事で、なぜ銀行がそれほどの力を持つに至ったかを知る事ができる。

    そして、彼らからその力を取り戻す必要性が理解できるだろう。

    今回はお金を成り立たせている狂気のシステムについて考えてみたい。

     

     

    ■お金の成り立ち

    まず、お金と銀行の成り立ちについて知る必要がある。

    遥か昔、人類は物々交換で必要なものを調達していた。

    人類が小さな群れで活動している社会においては、物々交換でも問題はなかったが、

    人が増え、社会規模が大きくなるにつれて、この仕組みでは都合が悪くなる。

     

    そこで、人類は「貨幣」と言う交換専用のツールを生み出す。

    例えば貝殻や綺麗な石、羽根などだ。

    そして、狼の毛皮は貝殻5個、小魚は貝殻1個と言ったように交換レートが定められる。

     

    貨幣足り得るものには人々が「十分に価値がある」と認められるものである必要がある。

    その辺に無数に落ちている小石では、貨幣足り得ない。

    つまり、貨幣となる物には希少性が必要になるのである。

    希少性に加え、実用性も兼ね備えた物が、最も価値のある貨幣になる。

     

    希少性と実用性の両方を兼ね備えた物質が金属だ。

    特に金や銀はとても柔らかく、簡単に加工できる最高の金属材であった。

    やがて、人類は金や銀をコインに加工に、取引を簡単に出来るようにした。

    そして、このコインは標準化されその価値が保証されるようになっていった。

     

    これが、貨幣の成り立ちであり、ここまでは義務教育でも教えることだ。

    ここから先が、義務教育では殆ど教えない銀行の成り立ちだ。

     

    ■紙幣と銀行の成り立ち

    農耕社会が進み、社会規模が大きくなるにつれて、人々の間に貧富の差が拡大する。

    例えば効率的に多くの農作物を作る事ができる人は、

    収穫した農作物を貨幣に変え、蓄積し子孫に相続できるようになっていった。

     

    そうやって富を手に入れた人々は、

    次第にその膨大な富を手元に置いておくことに不安を覚えるようになる。

    そこで、彼らはコインを鋳造する金細工師(ゴールドスミス)に、

    コインや貴重品を守る為の場所を貸してくれるように頼む。

    ゴールドスミス達は金庫の中の棚ごとに貸出し、金庫貸しとして手数料を得るようになる。

     

    しばらくして、ゴールドスミス達はある事に気が付く。

    それは、「金庫を借りた人の多くが預けた金を実際に動かす事は滅多にない」こと、

    そして、「彼らがまとめて一度に全ての金を取りに来ることも無い」こと。

    この2つに気が付いたゴールドスミス達は、

    金の預り証に決済機能を与えることを思いつく。

     

    つまり、100枚の金貨を預けた人は、その証書をゴールドスミス達から受け取るが、

    市場で買い物をする際に、その証書を店に渡す。

    つまり、金庫に預けた金貨を金庫に入れたまま、店主に譲渡するのである。

    実際には使いやすいように、証書は細かく分割される。

    1枚証書、10枚証書と言った具合にだ。

    預り証があたかも金そのものであるかのように社会を流通するようになる。

    これが、紙幣の誕生である。

     

    一方、貸金庫業で儲けたゴールドスミ達は、金に利息をつけて貸し出すビジネスも行う。

    そして紙幣が受け入れられることによって、

    借り手は金属に代わって紙幣で借金を頼むようになる。

     

    やがてこの金貸し業もどんどんと拡大していき、

    ゴールドスミス達は遂にある考えを思いつく。

    彼らは金を預けた人が、実際に金を動かす事が無いのを知っていた。

    そこで、彼らはこう考えた。

    「自分の持っている金に加えて、預けた人の金を担保に紙幣を貸す事ができる」

    借金が返済される限り、預けた人は何も気が付かず、何も悪い事はない。

     

    こうしてゴールドスミス達は大金持ちになっていく。

    他人のお金を貸して、利息をとるのだから、儲からないわけがないのである。

     

    大金持ちになったゴールドスミス達を見て、人々は疑いを持つようになる。

    「ゴールドスミス達は自分たちの金を使い込んでいるのではないか?」と。

    そして、ゴールドスミス達が自分たちの財産についてはっきりしないなら、

    預けている金を引き出すと脅しをかける。

     

    しかし、この脅しはゴールドスミス達にとって痛手にならなかった。

    何故なら借金が返済されれば貸した金は元に戻る。

    そして、金庫にあるお金よりも大きな金額を貸すわけではないので、

    預けた人達のお金はちゃんと金庫には存在していたのである。

     

    そこで、預けた人達はゴールドスミス達に金利によって、分け前を支払うように要求し、

    ゴールドスミス達もその要求に応じたのである。

     

    これが銀行業の始まりだ。

    預け主たちは、それまでは金庫の使用料を支払って、自分たちの金を預けていたが、

    逆に預ける事で、利息として利益を得るようになった。

    そして、銀行は自分のお金だけでなく、預金者の預けた全ての金や銀を担保として、

    お金(預り証)を貸し、その利息で儲けていく。

     

    ■そして狂気の仕組みが生まれる

    このような銀行誕生時のお金の仕組みは、

    現在の銀行が行っているやり方ではない。

    この当時の銀行のやり方は、ペテンまがいであったとしても、狂気とまでは言えないだろう。

    銀行が貸し出しできるお金の総量は、金庫にある預金者の預金量に制限されていた。

    銀行はこの制限を突破しようと考える。

     

    金庫の中身は、銀行以外は誰も知らない。

    ならば、「金がなくても紙幣を貸し出す事ができないか?」

    紙幣の持ち主が同時に金の返還を要求することはない。誰も気が付かないだろう。

    このような考えを銀行は持ち、そして実行に移す。

     

    この計画は大成功を収める。

    銀行は実際にありもしない金の金利によって莫大な富を築くことになる。

    しかし、もしも一度に大勢の人が金を引き出そうとしたらたちまち崩壊してしまう。

    これは、そんな不安定なシステムでもあった。

     

    同時にこの頃のヨーロッパでは、

    銀行が提供する大量のお金が産業拡大に不可欠になっていた。

    そのため、国家は銀行がやっている事を知っていたが、その力を必要としていた。

    結果、国はこの不安定なシステムが崩壊することを恐れ、守ろうと動くことになる。

     

    守る為に法律が作られる。

    こうして、お金を創る方法が法律化し規制化されていくことになり、

    銀行は無から作り出す金の量の規制に合意したのである。

     

    その限界は金庫に実際にある量よりも何倍も大きなものであり、

    “実際の金が1に対して、虚構のお金は9”という比率だった。

    同時に、中央銀行を中心とした銀行間のネットワークが強化され、

    中央銀行は地方銀行を金の緊急注入をもって支え、

    それが取り付け騒ぎの際に調整として使われる。

    一度に多くの銀行で取り付けが起きない限り銀行の信用貸しは、機能できるようになった。

     

    こうして虚構のお金を貸す事ができるようになった銀行は、

    無からお金を生み出すことができる存在となったのである。

     

    ■お金を創り出す「信用創造」

    中央銀行に支えられた銀行ネットワークの準備金制度は世界的に広がっていく。

    同時にマネーに対する金の裏付けの割合は着実に萎んでいき、

    紙幣は金との交換券という役割をもたなくなり、

    お金の基本的な性質が変わってしまう。

     

    準備金制度とは、銀行が受け入れている預金等の一定比率(準備率)以上の金額を、

    中央銀行に預け入れることを義務付ける制度であり、

    このルールを政府は銀行に強制することで、お金の創造に法的限度を設ける。

     

    つまり、「1の金(きん)から9のお金を生み出す仕組み」から、

    「1のお金から9のお金を生み出す仕組み」へと変質した。

    銀行ネットワークによる信用によってお金からお金を生み出すこの仕組みは、

    「信用創造」と呼ばれる。

     

    以前は、お金は価値を表していたが、現在は負債を意味している。

    つまり、新しいお金とは誰かが銀行からお金を借りると創られるのである。

    結果としてお金の総額は、人々が借りる事ができる限界の総借金額となる。

     

    この事は具体的な話に置き換えると分かり易い。

    銀行の預金準備率を9:1とすると銀行は中央銀行に1のお金を預ければ、

    9のお金を貸す事ができる。

     

    (1)中央銀行(日銀)がA銀行に100万円を供給する。

    (2)A銀行はこの100万円をX社に融資する。
    (3)X社はこの100万円を自社口座があるB銀行の口座に預け入れる。

    (4)B銀行が預かる預金が100万円となり、B銀行はこの10%となる10万円を日銀に預け入れる。

    (5)B銀行は残りの90万円をY社に融資し、Y社がC銀行の自社口座に預け入れる。

    (6)C銀行が預かる預金が90万円となり、C銀行はこの10%となる9万円を日銀に預け入れる。

    (7)C銀行は残りの81万円をZ社に融資し、Z社がD銀行の自社口座に預け入れる。

    (8)D銀行が預かる預金が81万円となり・・・

     

    このような連鎖が起こり、A銀行、B銀行、C銀行・・・

    各銀行が預かっている預金額の総額は、中央銀行が供給した資金の10倍となる。

     

    つまり、預金準備率10%なら金融機関は100万円のお金を基に1000万円を貸して、
    その利息を得ているのである。

     

    ちなみに、現在の日本の預金準備率は10%どころではない。
    銀行の規模により異なるが、大手メガバンクなら1.2%である。
    つまり、100万円のうち1.2万円を預けて98.8万円を貸すことができる。
    これを上記のように計算すると、
    100万円を基にして8333万円を貸し出してその利子を得ることになる。

     

    この場合のお金の実体は元の100万円ではなく8333万円の借金にある。
    誰かが借金をしていることによってお金が創造されているのだ。
    上記の例で、Y社がB銀行から90万円を借りなかったらとしたら、
    お金は100万円しかない。
    Y社が90万円の借金をすることで、190万円(B銀行口座+C銀行口座)となる。

     

    どうしてそんなに沢山の貸し出しができるお金が銀行にあるのか、
    疑問に思った事はないだろうか?

     

    ■銀行はお金を貸していない

    実は、銀行にお金はないのである。

     

    銀行はお金を貸しているのではない。

    銀行はお金を借金から創っているのである。

     

    そしてひっくり返せばそのまた反対の状況も真実だ。
    政府、会社、個人ほとんどが銀行に対し、大量の借金を負わされているのである。
    更に、もしも借金がなくなったら、お金は存在しないのである。
     

    それだけではない。
    銀行は元金だけを創造する。つまり利息は創造していない。
    それでは、利息とはどこから来るのだろうか?

     

    借り手が利息を支払う為にお金を得られる唯一の方法は、市場経済の中だけだ。
    しかしその全ての貨幣供給は、やはり銀行の信用創造によって創られたものである。
    だから、我々は“創られた以上のお金を返済しなければならない”のである。
    借り手は全体の資金量が、“元金しかない所から、元金と利息を返済しようとする”のである。

     

    明らかに誰もが元金と利息を返済するのは不可能だ。
    利息と言うお金は存在せず、単なるヴァーチャルな数字にしかすぎない。
     

    ここで大問題になるのが、借金の利息の総額が、元金を上回ってしまうことだ。
    それを防ぐために、さらなる新しい借金が、
    以前の借金の利息を支払う為に創られなければならない。
     

    もちろんこれは、全体借金を大きくすることであり、
    結局はもっと多くの利息を支払わなければならなくなる。
    新しく借金として創造されたお金が全体的な不足分に追いついている間だけ、
    この狂ったお金のシステムは破綻を間逃れているに過ぎない。
     

    現在のマネーシステムとは、椅子取りゲームのようなものだ。
    音楽が流れている限りは、そこに敗者は生まれない。
    しかし、一旦音楽が止まると、椅子に座れない者が生まれる。
    最初から椅子に座れない者が存在することは、分かっているのである。
     

    ■永遠の成長を必要とするシステム

    日本の経済成長は、この20数年ずっと停滞しているが、
    世界規模で見ると経済は常に成長し続けている。
    そして、その成長速度は徐々に急勾配を上昇するような急激なカーブを描く。

     

    これを実現するには実物経済の永続的な成長が必要であり、
    それに世界の資源とエネルギーを永久に拡大して消費する必要がある。
    さらに自然資源から得た原料が毎年毎年永遠にゴミになっていく。
    これらは貨幣システムを崩壊から防ぐために必要なのである。

     

    「これからの日本は、高成長は無理だ」
    「これからは成長を追い求める必要は無い」
    このような意見を政治家からも聞くことがあるが、
    今のマネーシステムを採用し続ける限り、成長を止めたら社会は崩壊するのである。

     

    繰り返すが現在のマネーシステムは狂気のシステムだ。
    システムの構造的に狂気が含まれている。
    無から有を生み出すと言った事は、神の所業であり、人にできることではないだろう。
    そう遠くない未来、この狂気のマネーシステムは崩壊するだろう。
    その時に起こることは、核戦争に匹敵する悲劇を生むだろう。
    その悲劇を回避するには、この狂ったシステムを置き換えるしかない。

     

    太陽や重力、地熱、磁気、その他全てのエネルギーは再生可能だ。
    全てをリサイクルする事によって資源の再生可能な範囲内でのみ社会は持続可能だ。
    それが、地球と言う惑星に生まれた、全ての生物に課せられたルールだ。

     

    永遠の経済成長を必要とする狂気のマネーシステムでは、
    このルールを守ることはできない。
    そして、地球のルールを守れない生物は絶滅する未来しかないだろう。

     

    ■誰がお金を創るべきか

    まずは銀行からお金を創造する力を奪うことだ。
    銀行という存在自体が消え去るべきであり、その起源である貸金庫業に戻るべきだろう。
    同時に貨幣は人間社会に絶対必要なものだ。
    誰かが貨幣を“地球による生産量の範囲内で”社会に供給し続けなければならない。

     

     

    誰がその役を担う事が最も望ましいだろうか?
    言うまでもなく政府だろう。
    つまり政府紙幣の発行が、狂気のマネーシステムを置き換える新しい仕組みだ。


    「政府は、消費者の購買力と、政府の消費力を満足させる為に、
    必要とされるすべての通貨やクレジットを、創造・発行・そして流通させるべきであります。
    これらの法則の採用によって、納税者は膨大な金利の支払いから救われるでしょう。
    通貨の創造・発行の特権は、唯一政府の至高の特典であるだけではなく、
    政府による最も偉大な有意義な機会なのです。」

     

    これは、暗殺されたアメリカ合衆国大統領アブラハム・リンカーンの言葉だ。
    元々、貨幣の創造は政府が担っていた。
    現在のマネーシステムは300年程前に生まれたものであり、
    イングランド銀行が王室に特許状を与えられ、2:1の比率で金の受領証を発行した時だ。
    このささやかな割合が悪夢の始まりとなった。

     

    狂気のマネーシステムによって、人類はとてつもないスピードで進化したのは事実だろう。
    日本において、江戸時代以前、貨幣は幕府や藩によって創造され供給されていた。
    明治維新後の急速な進化に、現在のマネーシステムは大きく寄与しただろう。
    そういった意味では、狂っていたとしても、
    このマネーシステムに一定の意義はあったと言える。

     

    しかし、もうその役割は終わったはずであり、終わらせるべきであろう。
    続けるのなら、崩壊を防ぐ唯一の方法は、宇宙に出るしかないだろう。

     

    月や火星、木星などから資源を手に入れる事ができたなら、
    恐らくは持続可能なシステムとして成立できるはずだ。
    人類がこのような技術を手にする前に、マネーシステムが崩壊しないことを祈る未来か、
    新しいシステムに置き換えるのか?
    今人類は大きな岐路に立たされているのではないだろうか?

     

     


    政治ランキング

    コメント
    コメントする