日本史に学ぶ9−日本人が作った唯一の近代憲法「大日本帝国憲法」−

2020.06.15 Monday

0

    JUGEMテーマ:歴史

     

    明治22年(1889年)2月11日、
    アジア初の近代憲法である大日本帝国憲法が公布される。

     

    大日本帝国憲法は、欽定(きんてい)憲法と呼ばれる、君主によって制定された憲法だ。
    一方、現在の日本国憲法は民定憲法と呼ばれ、
    国民が直接に、または国民から選挙された議会を通じて制定された憲法になる。

     

    しかし、私は現行の日本国憲法は必ずしも民定憲法とは言えないと考える。
    何故なら、日本国憲法は確かに議会の審議を経て、枢密院が可決したものであるが、
    改正案を起草したのはGHQであり、メンバーは全てアメリカ人だ。

     

    外国人に起草された憲法を、民定憲法と呼ぶのは間違いでは無いだろうか?
    憲法とは君主であれ、国民であれ、その国の人の手によって作られるべきものであり、
    その意味において、今の憲法は真の日本国憲法足り得ないと思う。

     

    しかし、現在の歴史教育では概ね現行憲法を、
    大日本帝国憲法と比べて優れたものと教える。

     

    アメリカ人の作った憲法を金科玉条のごとくありがたり、
    その憲法に書かれている言葉の解釈1つで議会は大いに紛糾する。

     

    そもそも現行憲法の草案は英語で書かれており、
    それを当時の人間が日本語に訳したものだ。
    つまり、今の日本での憲法議論では何が正しい和訳かを議論しているようなものだ。

     

    非現実的であることを承知で言うなら、
    我々は現行憲法を破棄し、大日本帝国憲法に戻って、
    その上で、自分たちの手で今の時代に相応しい真の日本国憲法を制定すべきだろう。

     

    大日本帝国憲法はとても出来の良い憲法だ。
    だからこそ、敗戦まで一度も改正されることは無かった。
    敗戦を経験してもなお、国内から大日本帝国憲法を改正すべきと言う声は挙がらなかった。

     

    大日本帝国憲法の完成度が高かった事は、
    現行憲法の成立過程を見ても分かる。
    GHQはマッカーサー元帥の命令によって僅か1週間程度で草案を起草するが、
    そんな短時間で起草できたのは、
    大日本帝国憲法を基に草案を作ったからだ。

     

    現在の歴史教育では、
    現行憲法は大日本帝国憲法から大きく変わったような印象を受けるが、
    それは大きな間違いであり、基本的な部分は殆ど変わっていない。
    大きく違うのは、現行憲法の9条の部分だけだと言っても良い。

     

    つまり、GHQが大日本帝国憲法を変えたかった最大の理由は、
    憲法9条を加えたかったからだと言う事だ。
    こんな9条が憲法改正の最大の争点になっているのは、
    全くおかしな話だと言えるだろう。

     

    日本という国家は日本人のものだ。
    そして、憲法とは国家の在り方を明文化したものであり、
    全ての法律の前提となる。

     

    大きな改革を成し遂げようとするなら、必然的に憲法改正の必要が生じる筈だが、
    不思議な事に今の日本では「改革派」と呼ばれる人達ほど、
    現行憲法の改正に後ろ向きで、「保守派」と呼ばれる自民党が一番改憲に意欲的だ。
    この事からも、「改革」を掲げる政治家の殆どが、
    それが単なるパフォーマンスに過ぎない事が分かるだろう。

     

    日本国民は有史以来、一度も自分たちの手で憲法を制定したことがない。
    たとえ、どんなに正統性が怪しい憲法だったとしても、
    今現在、日本国憲法は確実に存在し、機能している。

     

    従って、大日本帝国憲法のように天皇陛下の命で改正することはできない。
    現行憲法を改正するにしても、全く新しい憲法を制定するにしても、
    我々日本国民の手で作り上げるしかない。

     

    しかし、我々は一度も憲法を自らの手で作った事がない。
    ならば、過去の歴史に学ぶしか無いだろう。
    そして、近代憲法を日本人の手で作った経験は大日本帝国憲法の他に無い。

     

    大日本帝国憲法は如何にして生まれたのか?
    大日本帝国憲法について考えてみよう。

     

    ■欧米とは異なる憲法制定の目的

    明治9年9月6日、
    明治天皇は国憲起草を命ずる勅語を発し、
    各国憲法を研究して憲法草案の起草を命じた。
    これに応え明治政府は、欧州各国の憲法の研究に着手する。

     

    天皇が憲法の制定を命じた最大の理由は、
    近代国家日本を欧米列強と対等な国家とする事だ。

     

    幕末期に締結された所謂「不平等条約」の改正は、
    明治政府の悲願であり、これを成就ずるために近代憲法の制定は欠かせなかった。

     

    この憲法制定の動機は非常に重要な点であろう。
    欧州は国民に圧政を強い、搾取者に成り果てた王権を縛るために憲法が生まれた。
    一方の日本では、天皇や幕府が国民にとって搾取者であった歴史を持たない。

     

    成文化されてはいないが、江戸時代以前も慣習法としての憲法は確かに存在しており、
    天皇や将軍などの権力者達の役割分担は存在し、
    独裁者が生まれる事は無かった。

     

    現在日本では憲法議論になるとき、
    必ずと言って良い程「憲法は権力を縛るもの」と言う考えが強調され、
    政府の権限をできる限り縛ろうとする。
    しかし、こういった考えは欧米の歴史に根差した考えであり、
    本来、日本には馴染まない。

     

    日本人の記憶の中には、単なる搾取者に成り下がった為政者の記憶は皆無なのだから、
    リアリティを持って権力者のどんな権力をどれだけ制限すれば良いか考えられない。
    世の中に溢れている「憲法学者」なる存在も、
    所詮は欧米の憲法の専門家に過ぎず、
    王権が倒すべき敵だった欧州の歴史を前提にしたものだ。

     

    ■伊藤博文が受けた助言

    明治13年(1880年)、元老院は「日本国国憲按」を成案として提出する。
    しかし、これは皇帝の国憲遵守の誓約や議会の強権を定めるなど、
    ベルギー憲法やプロイセン王国憲法の影響を強く受けており、
    伊藤博文や岩倉具視らの反対に遭い、採択されるには至らなかった。

     

    憲法議論は政府内の大きな政争の種となり、
    明治14年(1881年)8月31日、
    伊藤博文を中心とする勢力は十四年の政変によって、
    フランスやベルギーの大陸法に基盤を置いた憲法案を進めていた大隈重信は罷免、
    ドイツ帝国式の立憲主義を採用した憲法制定が主導権を取る。

     

    明治15年(1882年)3月、伊藤博文らは政府の命を受けてヨーロッパに渡り、
    ドイツ帝国系立憲主義、ビスマルク憲法の理論と実際について調査を始める。
    この時、伊藤は学者から、

     

    「憲法はその国の歴史・伝統・文化に立脚したものでなければならないから、
    いやしくも一国の憲法を制定しようというからには、まず、その国の歴史を勉強せよ」

     

    このような助言を受ける。
    この助言はとっても重要で大切なものだ。
    残念ながら、現行の日本国憲法は我が国の歴史・伝統・文化に全く立脚していない。
    外国人が起案したものなのだから、それも当然の事だろう。

     

    そして、国民の代表として国会で憲法改正案を発議する役割を担う、
    国会議員達の多くは我が国の歴史を殆ど勉強していない。
    彼等を選挙で選ぶ我々国民が、自国の歴史に関心が低いのだからこれもまた当然とも言える。

     

    ■日本とは何か?

    翌明治16年(1883年)に伊藤らは帰国し、井上毅(こわし)に憲法草案の起草を命じる。
    井上毅の名前を知っている日本人は少ないだろう。
    しかし、大日本帝国憲法の成立に彼の存在は欠かせず、
    彼無しに、大日本帝国憲法は完成しなかったと言っても良いだろう。

     

    日本史に輝く偉人であり天才が井上毅であり、
    中学の歴史教育で子供達にしっかりと教えるべき人物と言える。
    しかし、大日本帝国憲法を否定的に教える今の歪んだ歴史教育の下では、
    彼の名やその偉業を知る国民が増える事は無いだろう。

     

    井上毅は、憲法草案の起案に際して1年に渡り「古事記」「日本書紀」以下の、
    六国史(りっこくし)を徹底的に研究する。

     

    憲法において第一条の存在は非常に重要で、
    第一条で「日本とは何か?」を簡潔に述べる必要がある。

     

    天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
    この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
    -日本国憲法第一条-

     

    これが現行憲法の第一条であり、「天皇を国民の象徴とする国が日本」と述べている。
    一方の大日本帝国憲法第一条は、

     

    大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス
    -大日本帝国憲法第一条-

     

    このようになっているが、井上毅の案では、
    「日本天皇ハ万世一系ノ天皇ノ治(しら)ス所ナリ」と書かれていた。

     

    「シラス」とは古事記においてアマテラスが国譲りの際、
    オオクニヌシに告げた言葉に出てくる。

     

    「汝ウシハクこの国はシラス国だとアマテラスが仰せである」

     

    「ウシハク」とは戦う事によって国を作る事であり、
    そのようにして作られた国は個人の所有物になる。
    つまり「独裁」だ。
    歴史上、そして現在の世界中の殆ど全ての国は「ウシハク国」だ。

     

    戦う事を正当化すると次の勢力が戦う事によって国を奪おうとする。
    実際、そうやって歴史では多くの国で繰り返し戦いが起き、国王が入れ替わった。

     

    これでは争いの連鎖を断ち切ることができず、
    この世から苦しみや憎しみが消えることはない。
    だから、アマテラスは「シラス国」と言った。

     

    「シラス」とは「知る」を語源とした言葉だ。
    国民の喜びや悲しみ、願い、あるいは神々の心を知り、
    それを鏡に映すように、我が心に写し取って、それを自己同一化しようとする。
    そんな意味の言葉が「シラス」だ。

     

    井上毅は、古事記における「シラス」と「ウシハク」の区別に着目し、
    「皇ノ治(しら)ス所ナリ」と第一条に書き記した。
    しかし、「シラス」と言う言葉は、当時でも既に使われていない言葉であり、
    殆どの国民は意味が分からない。
    だから、「統治ス」に改められた。

     

    しかし、伊藤博文が大日本帝国憲法を解説した「憲法義解」には、
    「所謂シラスとは即ち統治の義に外ならず」と記しており、
    「統治ス」が「シラス」と同じ意味であると言っている。

     

    現代の感覚で「日本は天皇が統治する国」と聞くと、
    天皇を絶対権力者のように感じてしまうが、
    そのような意味では断じてないのである。

     

    古事記の言葉を使うなら、
    徳川家康も豊臣秀吉も「ウシハク者」だ。
    そして、現代日本は国民が「ウシハク者」と言えるだろう。
    だが、天皇は日本ができてからずっと「シラス者」であり、
    日本は「天皇がシラス国」なのである。
    井上毅はこの建国以来続く日本の姿を、短い言葉で見事に第一条に書き記したのである。

     

    ■現在より独立性が高かった三権分立

    井上毅によって作られた憲法草案は、
    天皇の諮問機関として設置された枢密院で審議され、明治天皇にも説明される。
    この審議は明治22年(1889年)1月に完了、
    2月11日、明治天皇により「大日本憲法発布の詔勅」が出されるとともに、
    大日本帝国憲法が発布され、国民に公表されることになる。

     

    大日本帝国憲法は第1回帝国議会が開会された翌明治23年(1890年)11月29日に施行される。
    この「国乱」によらない憲法の発布と国会開設は世界史を見てもあまり例の無い事であり、
    全ての日本人が誇るべき偉業だ。

     

    大日本帝国憲法下で開設された国会は、実は今でも続いている。
    貴族院は日本国憲法によって廃止され参議院となっているが、
    衆議院は明治23年の第1回から継続して続いており、
    今年、2020年1月20日召集された通常国会は第201回だ。

     

    国家統治の原則となっている三権分立も、大日本帝国憲法で既に定められている。
    それどころか現行憲法より3権の独立性は高かったとさえ言える。

     

    現在は議院内閣制を採用しており、
    議会で過半数を獲得した与党(または連立与党)から総理大臣が選ばれ、
    そうして選ばれた総理大臣が各国務大臣を決める。
    だから、政府が国会に提出する各種法律案が、議会で否決されることは殆ど無い。

     

    ところが大日本帝国憲法下では、
    元老や重臣会議が、天皇に特定の人物を推挙し、
    天皇は推挙された人物に対して、組閣するように命じた。
    大正期になると、選挙の第一党の党首が推挙されるが、
    問題があり辞職すると、野党第一党の党首が推挙される。

     

    内閣と議会の独立性は現在より高く、
    実際に内閣提出の予算案が議会で否決されるような事は普通にあった。

     

    各国務大臣も総理大臣とほぼ横並びと言ってよく、天皇から直接任命される存在だ。
    だから、総理大臣の方針に反して閣内不一致になることも起こる。
    閣内不一致が発生した場合、内閣は総辞職することになる。

     

    この点は一概に優れているとは言えない部分もあり、
    ここでは詳細は述べないが昭和期には軍部がこの仕組みを利用する。

     

    現在は理屈上では各国務大臣は閣議で総理の方針に反する事はできるが、
    そういった事をすると総理から罷免される。
    従って、閣内不一致による内閣総辞職と言う事態は事実上起こりえない。

     

    軍も天皇の直轄であった。
    そして、これは大日本帝国憲法の大きな欠陥であると言えるだろう。
    これも今回は詳細を省くが、この欠陥により大東亜戦争に至る道を引き返せなくなる。

     

    しかし、軍を天皇直轄としたのは当時の状況を考えると仕方が無い側面もある。
    明治政府の基盤は脆弱であり、旧体制への回帰を望む勢力もまだまだ国内にはあった。

     

    もしも軍が、今の自衛隊のように政府の指揮下にあった場合、
    政府にとって変われば、軍事力も握る事になり、旧体制への回帰を止める術が無くなる。
    だから、軍を天皇の下に置いたのである。

     

    ■天皇を宗教色なく記述する

    表現の自由、思想信条の自由、信教の自由、職業選択の自由・・・
    現行憲法でも謳われているこういった国民の権利も、
    大日本帝国憲法ではしっかりと保障されている。

     

    戦前、天皇を神格化し現人神としていたのは確かに事実だ。
    日本古来の宗教である神道を「国家神道」とし、
    神道的な実践を国民統合の支柱としたのも事実だ。

     

    しかし、大日本帝国憲法は信教の自由が明記されており、
    起草者である伊藤博文も井上毅も神社への崇敬は臣民の義務に含まれないという見解を示している。
    大日本帝国憲法の優れた点の1つに、「憲法に宗教的記述が皆無」が挙げられる。

     

    大日本帝国憲法では、天皇を国の元首、統治権の総覧者としており、
    その根拠は皇祖皇宗の意思を受け、天皇が継承した「国家統治ノ大権」にあるとしている。

     

    「皇祖皇宗」とは天皇の始祖と当代に至るまでの天皇の事だ。
    初代天皇である神武天皇は、即位の時期は議論があるが存在は確実だ。
    122代の天皇(明治天皇)がそこに居るのだから、必ず初代の天皇は存在する。

     

    つまり、大日本帝国憲法は天皇の大権の由来を初代天皇としており、
    そこに天照大御神や天孫降臨についての記述は一切無いのである。

     

    これもまた井上毅の知恵と言える。
    憲法の宗教色が強くなれば、異なる宗教を持つ人々の反発を受ける。
    実在が確実な神武天皇を天皇大権の由来とすることで、
    神道以外の宗教の信者にも受け入れやすい憲法としたのである。

     

    明治政府が「国家神道」を掲げたのは、
    あくまで中央集権型の新しい国家作りを進める為の政策論だと捉えるべきだろう。
    戦前もまた、国家総動員体制を作り上げる為の政策に過ぎない。

     

    ちなみに、現代でも多くの国が憲法の前文で神に関して言及している。
    直接的に「神」という言葉を使わなくても、
    「至高の存在」といった神と同義の言葉が記述されているケースが多い。

     

    国家統治に宗教が含まれていると、
    それは必ず争いの種となり国家分断に繋がる危険性をはらむ。
    宗教色を払拭した大日本帝国憲法は、その意味でも大変優れた憲法だと言えるだろう。

     

    ■憲法は何の為に存在するのか

    近代憲法は為政者が常に国民の敵であった欧州で生まれた考え方だ。
    その考え方は、本当は日本人から見れば何も進歩的ではないものだ。

     

    しかし、明治の時代は世界の殆どが欧米に支配されていた時代であり、
    その中で日本が生き残る為には、欧米型の憲法を作る必要があった。
    だから、大日本帝国憲法が生まれた。
    国内だけを考えるなら、憲法は不要だったであろう。

     

    大日本帝国憲法が成立したすぐ後に、
    日本は日清・日露の二つの対外戦争を経験し、輝かしい勝利を収める。

     

    この2つの戦争では、軍は政府の指揮下で各種作戦を完璧に遂行する。
    これは、厳密には憲法違反であった。
    そして、昭和期には軍は憲法を盾に政府の指揮下に入ることを拒否する。
    その結果があの無様な敗戦だ。

     

    あくまで対外的に大日本帝国憲法を制定したに過ぎないので、
    日清・日露では明治政府は柔軟に憲法を運用した。
    逆に昭和期は、政治家や軍、官僚組織は、自身の利権拡大に憲法を利用した。

     

    憲法は本来、国家を守る為に存在するものだ。
    そして、それは国民を守り、国民を幸せにするものである筈だ。
    憲法の条文を守って、国が滅ぶなら憲法が存在することは害悪でしかない。

     

    大日本帝国憲法は全76条で構成され、
    各条文も現行憲法に比べてずっと簡素に書かれている。
    現行憲法は全103条にも及ぶ。
    しかも、さらに新しい権利を書き加えるべきという議論もある。

     

    事細かく何かに縛られる社会は本当に国民の幸せに繋がるのだろうか?
    我々は「憲法とは何か?」に立ち返り、
    「日本人に合った憲法」の制定を目指すべきではないだろうか?

     

    大日本帝国憲法と現行の日本国憲法を比べたとき、
    私は大日本帝国憲法の方が「日本人にあった憲法」のように思う。
    勿論、欠陥もある。今の時代に合わない部分もある。
    そういった部分は、我々日本人の手で修正すれば良い。

     

    現行の日本国憲法はまず前文で、先の戦争に対する反省から始まる。
    戦争を善悪で語る事は全く意味の無い事だ。
    先の大戦は確かに、日本に誤りがあったが欧米にも大きな過失があったのであり、
    あの大戦を戦った全ての国が反省すべきことだ。

     

    まるで日本にだけ責任があるかのような前文で始まる憲法を掲げる必要は全くないだろう。
    日本人の手で作った唯一の憲法である大日本帝国憲法を学び、
    もう一度、「日本人による日本人の為の憲法」を作るべきだろう。
    最後に少し長くなるが、大日本帝国憲法の前文にあたる告文(こうもん)を現代語で記す。
    現行憲法の前文と比べ、どちらが日本人らしいか考えてみて欲しい。

     

    私は謹んで先祖の神霊に告げる。
    私は天地の無限の摂理に従い、皇位を継承し、国を保持し、断じて失墜させることはない。

    世情の変化・人間の発達に従うため、ぜひ先祖の遺訓を明らかにし、
    憲法を作って条文を示し、子孫に率先して守り、臣民が力を合わせるように、
    永遠に守らせ、ますます国の基礎を固くし、
    日本臣民の幸せを増すようにせねばならない。
    ここに皇室典範と憲法を制定する。
    思うに、これはみな先祖が後裔に残された統治の規範を述べたものに他ならない。
    そして、私の代になって制定できたことは、まさに先祖の御霊に頼ってこそできたことだ。私は先祖を仰ぎ見て、先祖の幸せを祈るとともに、
    併せて私自らが臣民の手本として率先して憲法を守ることを誓う。
    どうか神よ、これを御照覧したまえ。

    ※「私」は「天皇」を意味する

     

     


    政治ランキング

    コメント
    コメントする