差別は格差を生む

2019.06.24 Monday

0

    「差別は悪であり、無くすべきだ」
    このような主張は人類の殆どが同意できる数少ない主張だろう。
    しかし、「では、何が差別なのか?」という問いの答えに、
    総意と呼べる程に一致できるものはないだろう。

     

    国連では、
    「差別には複数の形態が存在するが、その全ては何らかの除外行為や拒否行為である」
    としているが、この定義は単に「不利益を生じさせる行為に注目する」
    と言った程度の意味しかない。

     

    差別とは本来、優遇か冷遇かは関係なく、
    特定の集団や属性に属する個人に対して特別扱いをする事だ。
    だとするなら、全ての人間は何らかの差別意識を数多く抱えているだろう。
    ならば、そんな差別意識を抱えた数多くの人間で構成される社会とは、
    差別が溢れている社会であると言える。

     

    例えば生活保護や奨学金制度は差別だ。
    女性専用車両やレディースデイなども明らかな差別と言える。
    だが、これらは「差別だから止めるべきだ」と糾弾されることはない。

     

    結局のところ我々が「悪であり、無くすべきだ」と考える「差別」とは、
    「やってはいけない区別」を「差別」と呼称しているに過ぎない。
    そして、「何はやって良い区別で、何が悪い区別なのか?」の基準は、
    個々の価値観に過ぎず、それ故に総意を得られる事も無い。

     

    「差別がない社会」などと言うものはあり得ず、そんなことを目指す必要すらない。
    例えば弱っている人を助けるための差別は必要だろう。
    個人の努力によって特権を勝ち取る事は非難されるようなことではない。
    人種差別すら、本当に絶対悪なのか私は疑わしく思う。
    欧州やアメリカで起こっている移民問題を見ると、
    やはり異なる人種が1つの社会で生活するのは今の人類には無理なのではないか?
    だから、我々人類は地球上から未だに国家を無くす事ができない。

     

    「やってはいけない区別(差別)」は間違い無く存在する。
    しかし、それを決める事は簡単ではなく、長い時間が必要だ。
    欧州の奴隷制度は、古代ギリシャに代表される文明の誕生と同時に生まれ、
    18世紀末まで続いており、奴隷制度が無くなるまで2000年以上の時間を必要とした。
    しかし、そんな奴隷制度がなくなった欧州人が建国したアメリカ合衆国で、
    また奴隷制度は復活し、奴隷制度が完全に終わるのは1995年だ。
    現代の欧米社会では、「奴隷制度という差別は悪である」という考えは、
    殆どの人が同意できる考え方だろうが、これほどの長い時間をかけて同意に至ったのである。

     

    では、古代ギリシャの奴隷制度は悪だったのか?と問われれば、
    簡単に悪と断じる事はできない。
    歴史を見ると人間社会と奴隷制度は一体化しており、
    奴隷制度なくして、これ程のスピードで文明が進歩することは無かっただろう。
    また、ユダヤ教やキリスト教など、多くの宗教は奴隷の存在を認めている。
    旧約聖書には、当たり前の様に奴隷という存在が記されているし、
    その事を「悪」とするような記述も見られない。

     

    こう言ったことから導き出される答えは、
    人口が増大し、技術の進歩により機械やコンピュータが誕生することで、
    奴隷の必要性が薄くなったから、
    「奴隷制度はやってはいけない区別」と同意できたに過ぎないと言う事だ。

     

    地球上に無数に存在する生物種の中で、
    根拠のない「格差」が生まれるのは人間だけだ。
    格差は人間の脳が生み出した「差別意識」によって生まれる。

     

    だとするなら、格差問題が叫ばれ、実際に格差が広がりつつある日本社会とは、
    実は差別が昔よりも蔓延している社会なのではないか?
    現代の日本社会では数多くの「○○は差別だから是正すべき」と言う主張は、
    実に簡単に受け入れられ、そういった主張に沿った政策が実際に実行されている。
    格差は差別意識から生まれるのだから、
    本当なら格差は少なくなっているべきなのに、現実は逆になっているのはどういうことだろうか?

     

    答えは明らかだろう、
    数多くの「差別を無くせ」という主張は、本当は差別を増長させる主張だということだ。
    かつて、日本は先進国の中で最も格差が少ない国だった。
    これは、日本には「やってはいけない区別」は殆ど無かったと言う事を意味する。

     

    今の日本社会は差別社会だ。
    「無くすべき差別」は間違い無く存在する。
    より正確に表現するなら「もう無くしても良い差別」は存在する。
    そして、「差別を無くそう」という考えには多くの人は一致できる。
    問題は「何がもう無くすべき差別なのか?」を見極める事だ。
    とても難しい判断だが、少しでも正しい可能性が高い選択をする為には、
    なぜ人間にだけ「差別意識」が生まれるのかを考える事が必要だろう。

     

    「差別」について考えてみたい。

     

    ■人だけが「優越感」を求める

    黒人奴隷が首を数珠状につながれ、裸で歩かされている絵がある。
    絵の中央には女奴隷もいる。
    母親と思われる女奴隷は哀しそうに下を向き、それを子供が不安そうに見上げている。

     

    奴隷を描いたこういった絵は、世界中に数多く存在する。
    つまり、こういった光景は実際に存在したということだ。

     

    この奴隷達の行進の先に待っているのは、地獄の奴隷船だ。
    行軍を指揮するのは、奴隷商人の手先で、得意げにムチを振るう。
    その表情には、優越感、さげすみ、そして怒り・・・
    そういった負の感情が渦巻いている。

     

    奴隷の多くは、戦争の結果、敗北した側の民衆だ。
    戦勝国は戦利品として敗北した側の民衆を奴隷にした。
    その主目的は労働力として使役することだ。

     

    地球の生態システムは弱肉強食で構築されており、
    力の優劣はあらゆる生物間で存在する。
    例えば、ライオンとシマウマは歴然とした力の差がある。

    ところが、どれほどの力の差があろうとも、
    ライオンは例え相手が小動物でも全力で打ち倒す。
    目的は捕食、つまり食料の獲得であり、優越感ではないからだ。

     

    人間も地球上の生物の1つだから、当然弱肉強食のシステムの中にいる。
    だから、戦争が起こるのは自然の摂理とも言える。
    戦争の大きな目的の1つは、資源や労働力の獲得であり、
    ライオンが捕食すると本質的には変わらない。
    しかし、人間は同時に優越感を求める、自分たちの力を誇示したがる。

     

    日本社会では、もはや「食べるために働く」という意識は薄い。
    生きていく為に必要な殆どのものは、
    多くの人は当たり前のように手に入ると思っているだろう。
    だから、現代を生きる殆どの日本人は人生の多くの時間を、優越感を得るために、
    自分は他者より優れていると誇示する為に使う。
    「差別をする側」になろうとしている。

     

    若い世代ほど、仕事を選ぶ傾向が強い。
    肉体労働や営業は避け、人手不足が集中しているのは実際にはこういった職種が殆どだ。
    その理由は「辛い割に給料が安い」と、されている。
    実際にそういった側面も多少はあるだろうが、
    職業に対する差別意識が最も大きな原因だろう。

     

    Youtuberやインスタグラマー、ブロガー
    AKBグループに代表されるような商品化された量産型のアイドル・・・
    実際はこういった職種の方が、遙かに大変で報酬も低い。
    そして、何の保証も安定もない。

     

    それでも、現代日本人の多くはこういった職に就くことを望む。
    それは、こういった職に就くことで、
    他の職に就いている人を見下し優越感を感じられると考えているからだ。

     

    しかし、Youtuberもインスタグラマーも量産型のアイドルも、
    実態は奴隷とそう変わらない。
    Youtuberは日々、時間と労力をかけ運営会社の為に無償でコンテンツを作る奴隷だ。
    ほんの一握りの人だけが、僅かばかりの分け前をGoogleから貰えるだけだ。
    一方でGoogleは広告主から莫大な額の収益を上げている。

     

    量産型アイドルも同様で、僅かな報酬で過酷な労働環境で働かされる。
    そして、短い旬が終わったら非情に切り捨てられる。
    その一方で、企業側は莫大な利益を手にする。
    切り捨てられた後の人生は暗いものだろう。
    まともな勉強もせず、普通の人間関係を構築した経験もなく、社会経験もない。
    一般的な会社で働く事は、採用を貰えたとしても、長くは続けられないだろう。
    多少ルックスが良かろうが、平均以上の生活力を手にした男性は、
    こんな女性を生涯の伴侶にはしない。
    結婚したとしても、老いたら捨てられるだけだ。

     

    職業に対するこうした差別意識が、貧困を生み、経済格差を生む。
    そして貧困層は「自己責任」の一言で、社会の底辺に最低限の生活で隔離される。

     

    ■女性差別を広げるフェミニスト

    女性の地位向上を訴えるフェミニズム運動。
    差別撤廃を御旗に同性婚を求める運動。
    こういった運動を主導している人物は、実態は差別をしている側であり、
    その行為は差別を増長する行為でしかない。

     

    フェミニズム運動はその事が分かり易い好例だ。
    こういった運動を主導しているのは女性である事が殆どだが、
    当の本人は、社会的地位や収入が高く、何かしらの特権を有している。
    少なくとも彼女たちのような女性は、
    「無くした方がよい差別」の被害者では全くないだろう。

     

    勿論、その地位や収入を手にするまでに、女性であるという事で苦労したのかもしれない。
    だが、そんなことを言い出せば、男性も男性であるが故の苦労はある。
    例えば職場で上司に厳しく叱責されたとき、
    女性社員が泣き出せば周りは同情的になるだろうし、叱責もそこで止まるだろう。
    男性が泣き出せば、「男の癖に・・・」と周りからはバカにされるだろう。

     

    男女問わず、高い収入や地位を獲得するには困難が伴う。
    困難があるから、乗り越えた結果として高い収入や地位が得られる。
    そして、困難を前にしたとき、人は誰しも、どんな困難であっても「不条理な困難だ」と感じる。
    むしろ、不条理だから困難だと感じると言って良い。

     

    「女性の方が男性より困難が多い」等と言う比較は何の意味もないだろう。
    そんな事を証明することは不可能であり、「あなたがそう思うだけ」に過ぎない。

     

    フェミニズム運動を主導する女性達は、
    自分たちの扇動に簡単に同調する女性達を、心の底ではバカにし、
    そこから優越感を得ている。
    その為の活動だと言っても良いだろう。
    もしくは、「自分は善いことをしている」という優越感を得るための独善的な活動だ。

     

    そして、社会には女性差別が蔓延することになる。
    今やあらゆる場所や場面で、男性と女性は分けるようになっている。
    企業内では、女性社員は「できれば関わりたくない存在」であり、
    必要最低限の関わりしか持とうとしない。

     

    「女性社員が少ないと世間がうるさい」
    「女性管理職が少ないと世間体が悪い」
    こんな理由だけで、女性に一定枠が用意される。
    一人の人間として評価し相応のポストを与えるのではなく、
    「女性」として見て、機械的に評価する。
    管理職の3割は女性になったとしても、それが4割になることはない。

     

    女性が結婚することは、年々難しくなる。
    専業主婦という道を選びたくとも、最早男性の中ではそういった女性は異端だ。
    今や男性にとって、結婚とは「一生をかけて妻を養う契約」ではなくなった。
    結婚する事に意味すら見いだせなくなりつつあるのが今の日本社会だ。

     

    今後、日本社会は経済格差だけでなく「セックス格差」も広がるだろう。
    極少数の強い男性が、性の対象として多数の女性を独占する。
    ルックスが悪い女性、収入が低い女性、若さを失った女性、こういった女性達は、
    一生、孤独の中で生きる時代になるだろう。

     

    少子化も進み、そんな中で生まれてくる数少ない子供達の多くは、
    不幸な家庭環境で育つケースが増えることになる。
    格差が広がる程、貧しい家庭で生まれる子供の割合が増えるからだ。
    それは、日本社会全体の衰退を意味し、
    社会が貧しくなる程、更に格差は広がる。

     

    「優越感を得たい」という欲求は、悪しき差別を生み出す。
    そして、人だけが「優越感を得たい」と願い行動する。
    このことを肝に銘じるべきだろう。

     

    何かに差別というレッテルを貼り、それを是正しようとする運動が起きたとき、
    その殆どは誰かが優越感を得るための運動だと認識すべきであり、
    安易に乗せられないことだ。

     

    ■差別意識は「不信感」から生まれる

    差別意識が生まれるもう1つの大きな理由は「不信感」だ。
    人は自分以外の人に対して、多かれ少なかれ不信感を抱いている。
    だからこそ人は「信頼関係」を求め、それを得ようとする。

     

    他者に対する不信感が生まれる最大の理由は、「自分と違うから」だ。
    従って、自分との違いが大きいと感じる程、不信感も比例して大きくなる。

     

    人種の違い、性別の違い、
    そういった分かり易い違いは「自分と大きく違うかも知れない」と感じ、
    不信感が増大するキッカケに過ぎない。
    本質的に、人が恐れる他者との違いとは、
    価値観や思想など内面的なものであり、それ故に容易には可視化できない。
    その事から不安が生まれ、その不安から逃れる為に拒絶・・・即ち差別が生まれる。

     

    だから、人が最も信頼感を持つのは、殆どの場合において家族となる。
    親子間、兄弟間で必ずしも近い価値観や思想を持つとは限らないが、
    少なくとも赤の他人に比べると、自分とどんな違いがあるかは明確に分かる。
    結果、家族間では「不安」が生まれにくい。
    家族の繋がりを基準として、そこから離れた存在になるほど、
    人の中には不安が大きくなり、不信感が生じる。

     

    人間社会とは信頼関係が基盤となっているわけだが、
    同時に、人とは他人を信頼できない。
    家族に対しても、相対的に最も信頼できる存在であるに過ぎない。
    子供が「悪い事をした」と思ったとき、
    それを親に隠そうとするのは、
    「怒られる」のような、何らかの罰を恐れるからではない。
    自分の悪事を知った親の行動を100%信頼できないからだ。
    親子の関係次第だが、「捨てられるかも知れない」という可能性すら考える事もある。

     

    そういった意味では人間社会とは、
    「その社会の構成員同士がギリギリ許容できる不信感」の範囲でのみ成立する。
    そのギリギリの範囲で構成される個々の社会が「国家」であり、
    国境線とは、「ある集団が許容できる不信感の境界線」と捉える事が出来る。

     

    「国家」という集団の意味をこのように捉えるなら、
    人種差別や外国人差別は、存在して当たり前の事だ。
    そして、そういった差別を無くすことは殆ど不可能だと私とは思う。
    この事を無視して、「移民」という境界線の外の人々を、その中に大量に入れたから、
    今、ヨーロッパやアメリカは混乱している。
    恐らくは日本社会でも近い将来に、同様の混乱が巻き起こることになる。

     

    男女差別など、問題になる殆どの差別は、同様に存在することが自然な姿だ。
    例えば人は様々な価値観や思想を持っているが、
    「男性特有」「女性特有」と呼ばれる価値観や思想は存在する。
    少なくとも、殆どの人がそう思っている。
    初対面の時、多くの場合、自分と同性の方が信頼できると感じるだろう。

     

    勿論、ある人のそれまでの人生の中で、
    同性との人間関係の方が、「裏切られた」と感じる事が圧倒的に多かった場合は、
    異性に対しての方が信頼感を感じる。
    多くの外国人との関わる事がある人生なら、
    外国人や人種に対しての差別意識も薄くなるだろう。

     

    要するに、人から差別意識を消すには長い時間がかかると言う事だ。
    しかも、差別意識とは人の中で自然に生じるものなので、
    例えば長い間アメリカで生活し、外国人に対する差別意識が低い両親だとしても、
    その子供が産まれた時から、日本で育つなら、
    自然に何らかの外国人差別の意識は生じるのである。

     

    ■人は誰しも何かで差別している

    拙速に差別を無くそうとしても、
    それは、差別する側、される側、双方にとって不幸な結果になり、
    社会が不安定化するだけだ。
    人が自分以外の他人に対して、本能的に不安を抱く生き物である限り、
    差別とは人間社会に存在する事の方が自然の姿なのである。

     

    「人種や国籍で差別するのは良くない」
    「性差で差別するのは良くない」
    そう考えるのは、素晴らしい事だが、
    それを他者に押しつけることは、殆どの場合において間違いだろう。

     

    差別により、差別を受ける側が命の危機に晒されているような状況を除き、
    「自分は差別しない」それだけで十分だ。
    同時に、自分も違う基準を持つ人から見ると、
    何らかの差別をしているということを自覚するべきだ。

     

    果たして日本社会に命の危険を感じるような差別が存在するだろうか?
    私は全く無いと思う。
    日本国籍を有していれば、等しく参戦権は与えられ、
    どんな人でも、定められた代金を支払えば、
    レストランでは頼んだ食事が出てくるし、ホテルに宿泊することができる。
    生活保護、年金、健康保険・・・
    あらゆる行政サービスは同じ条件で、等しく受けることができる。

     

    勿論、差別により嫌な思いをすることはあるだろう。
    だが、人は差別をするように作られている生き物であるから、
    差別が起因する嫌な思いは、誰でも何らかの形でしていることを知るべきだ。

     

    容姿、職業、収入、趣味・・・
    あらゆる「自分との違い」をトリガーに、
    人は何らかの形で他者に対する差別を毎日のように繰り返している筈だ。

     

    そして、差別意識には人が誰しも求める「優越感」が大きく起因しており、
    この欲求はほぼ永遠に満たされることは無い。
    より高い優越感を欲すると同時に、一度自分の下に置き優越感を感じた相手が、
    逆転することを恐れる。
    つまり、格差の固定化を望む。

     

    女性差別の是正を主導する女性達は、
    社会的地位が高い人間が多い事は先に述べた。
    彼女たちはある意味、彼女たちの言う「女性差別、女性蔑視」を利用し、
    今のその地位を獲得した側面もあるだろう。
    ならば、社会から彼女たちの言う「女性差別、女性蔑視」を無くすることは、
    彼女たちの存在と同じようなやり方で成功する道を閉ざす事になる。
    彼女たちは永遠に一方的に優越感を得る立場を独占できる。

     

    自由や人権を至高のものとする民主主義国家は、
    人の内心に本能的に生まれるこういった差別意識を抑える事ができないどころか、
    推奨する方向に作用する。

     

    ■差別を抑止し、格差を是正した日本人の知恵

    昔の日本人は、こういった事を直感的に感じていたのかもしれない。
    だから、時に「ムラ社会」と揶揄される、
    家族を基礎にした重層的なコミュニティ制度を作った。

     

    実の親兄弟を軸に、そこから「親戚関係」という血の繋がりのコミュニティを構築する。
    親戚だからといって、そう頻繁に接する機会はなく、
    場合によっては赤の他人よりも遠い存在であることも珍しくない。
    しかし、社会制度の中に血の繋がりを組み込む事で、
    信頼関係を築きやすい環境を作り出した。

     

    更に、同じ地域に暮らす者同士、同じ職業に就く者同士などなど、
    様々なコミュニティを社会に作り出した。
    その結果、1人の日本人が複数の異なるコミュニティに属するのが当たり前となり、
    日本では、命に危険が及ぶような差別は生まれにくくなる。
    内から湧き上がる差別意識のままに、
    ある集団を差別すると、そこにはかなりの確率で自分が所属するコミュニティに属する人間、即ち仲間が存在する。

     

    日本社会が諸外国に比べて、格差が少ないのは社会に様々なコミュニティが存在し、
    個人が複数のコミュニティに属している社会構造に由るところが大きいだろう。
    そして、中心に存在するコミュニティは「家族」だ。

     

    しかし、現代の日本社会では、年々こういったコミュニティは壊れていっている。
    最も重要な「家族」というコミュニティすら、
    その存在感は希薄になりつつある。
    湧き上がる差別意識を抑制する事は難しくなり、
    差別は蔓延し、その結果として格差が広がる。

     

    格差は必ず少数の勝ち組と、多数の負け組という構造を作り出す。
    人が優越感を求める生き物なら、

    優越感を得られない人生は、幸福感が薄い辛い人生となるだろう。
    格差の拡大は、人生を辛いものと感じるだけの人が増える事を意味するのだ。

     

    「差別を無くせ」と声高に唱える、偽善者達の声に安易に乗るのは止めよう。
    自身が悪と思う差別がそこに存在するのなら、
    静かに自分がそう思う差別をしなければ良いだけだ。

     

    戦後、日本では偽善者達の声に踊らされ、
    多くの差別が悪と断じられ、表面上は無くなった。
    しかし、その結果は新たな差別を生み、
    格差を広げるだけに終わっているのでは無いか?

     

    冒頭に述べたように人類は、
    「差別は無くすべき」という主張は総意を得る事ができる。
    一方で、人間は自然に差別意識が生まれるように作られている。
    ならば、差別によって社会に決定的な分断が生じない程度にすることが、
    人間のできる限界だろう。

     

    まるで全知全能の神になったかのように、
    人間社会から差別を無くせると夢想し、声高に差別の是正を叫ぶ声に耳を傾けてはいけない。
    それは、悪魔の声だと認識すべきだ。

     

     


    政治ランキング

    コメント
    コメントする