今の日本は「国家」なのか?

2019.09.30 Monday

0

    我々日本人は日本国という「国家」の構成員であり、
    殆どの日本人はその事を当たり前に受けて入れている。
    だが、「国家とは何か?」の問いに明確な回答を提示できる人は少ない。

     

    百科事典では国家を以下のように定義している。

     

    「一般に、一定の領土と国民と排他的な統治組織をもつ政治共同体をいい、
    また一定の地域(領土)を基礎に固有の統治権によって統治されている継続的な公組織共同社会」
    -ブリタニカ国際大百科事典-

     

    「領土がありそこに住む国民が存在し、国民が子孫を残す事で持続的な社会」
    要約するとこんなところだろうか。
    また、国際社会においては「主権」を持っている事も国家の重要な構成要素だろう。
    主権とはごく単純化して言うなら「自分たちの事は自分たちで決められる権利」となり、
    この主権が無いから、植民地時代の被植民地地域は「国家」とは見なされない。

     

    しかし、このような国家の定義は実はとても新しいもので「近代国家」とも呼ばれ、
    日本においては江戸時代までは「近代国家としての日本国」は無く、国境や領土の概念もない。
    また、上記に挙げたような国家の定義はあくまで「概念」を示すものであり、
    国家の本質は別にある。

     

    国家の本質とは人間が自分達の命を守るために生み出した単なる道具であると言うことだ。
    近代国家の概念が生み出された最大の理由は、
    人間の生命を脅かす最大の脅威である「戦争」の形が変わった事に依る。

     

    古代における戦争とは、局地戦であり「点」の戦いだ。
    戦闘単位も非常に小さく、部族や町や村の単位での戦いであり、
    実際に戦闘を行うのは騎士や武士と言った支配階層と彼らに雇われた傭兵だ。
    日本史で言うなら、室町時代の初期まではこのような形で戦争は行われた。

     

    その後、鉄砲に代表される重火器の発明により戦闘の形は「点」から「線」に変化する。
    長篠の戦で有名な信長の鉄砲隊は、鉄砲隊を横一列に並べた「線」の戦いの象徴と言える。
    しかし、戦術面では大きな変化はあったが、実際の戦闘参加者は大きく変わらず、
    騎士や武士、傭兵が中心となる。

     

    戦争の形に劇的な変化を与えるのはフランス革命とその後のナポレオン戦争だ。
    フランス革命により、それまで社会を守る役割を担っていた王や貴族は打倒され、
    人民自身が自分たちの社会を守る必要が生じた。
    限られた騎士や武士、傭兵達による戦争から、一般の大衆達が参加する戦争へと変化する。

     

    一般大衆は高度な基本教練が求められる「横隊」、即ち線の戦いは不可能であり、
    散開して戦闘が行われる「散兵陣形」による戦いに戦術は変化する。
    つまり、線から面へ戦闘の形は変化するのである。

     

    戦争の形が点や線の戦いの段階において、
    自分たちの生命を守るために「近代国家」のようなものは不要だ。
    実際の戦争は訓練された少数の戦闘のプロ達によって行われ、
    例えるなら肉食獣の「縄張り争い」のようなものだ。

     

    ところが、面の戦いとなるとそうはいかなくなる。
    大量の兵士が動員され、大規模な戦闘がいたるところで発生する事になり、
    自分達の生命を守るためには、「面」で戦略を考える必要に迫られる。
    他の国家との境界線を定めその境界線内を領土とし、
    領土を「面」と捉えて守る必要があるのである。

     

    現代の戦争は第二次世界大戦を通じて面から体(立体)へと更に変化している。
    航空機や潜水艦、ミサイル技術の発達により立体的に捉えなければ、
    自分たちの生命を守る事はできない。
    だから、現代の国家は「領土」以外に「領空」や「領海」という、
    高さの概念を加えられた立体的な境界線を定めている。

     

    「国家とは何か?」
    その答えは実はとても単純なものであり、「自分たちの生命を守るための道具」だ。
    しかし、日本人は世界でも類を見ない程、国家意識が希薄であり、
    「国家とは何か?」「何のために存在するのか?」を殆ど考えない。
    あれこれ煩く言えば飴をくれる存在程度にしか考えていない人も多いだろう。

     

    そこに暮らす人たちの生命を守る為の道具が国家なら、
    今の日本という国家は、その道具の役割を果たせていない状態であると評価できるだろう。

    人類は国家以外に自身の命を守る為の道具を未だ見つけていないのが現状であり、
    だとすれば、日本国と言う道具がその役割を果たせない現状は、
    本当はとても危険な状態なのである。

     

    我々はもっと真剣に「国家とは何か?」「国家は何のために必要なのか?」を考えるべきであり、
    子供たちにも義務教育課程で、国家について考えさせる事が大切だ。
    国家の存在意義を失いつつある日本という国家について考えてみる。

     

     

    続きを読む >>