皇統を維持するために

2019.05.11 Saturday

0

    我々日本人の大切な宝である皇室が、今、断絶の危機にさらされている。
    その理由は、言うまでもなく、皇室に男子が少ないからだ。

     

    令和元年現在、皇位継承権を有する皇族は3名しかいない。
    昭和天皇の第二皇男子である常陸宮さま、
    今上陛下の弟君であられる秋篠宮さま、
    そして、秋篠宮の第一男子の悠仁親王殿下だ。

     

    現状のまま、何事もなく代替わりが行われるとすると、
    最も若い悠仁殿下が即位する時、皇族の数は女性皇族を含めても数名となる可能性が高い。
    もしも、悠仁殿下が男子を授からなければ皇室は、その後を継ぐ者を失う。
    また、男子を授かったとしてもその数が少なければ、
    今のような危機的状態が長期間に渡り続く事になる。

     

    現状で、安定的な皇位継承を続ける為には、
    悠仁殿下が5人くらいの男子を授からなければならないだろう。

     

    この状況を打破するために、頻繁に挙げられるのが女性天皇、女系天皇容認論だ。
    世論調査では女性天皇も女系天皇も、7割を超える国民が容認と答えているという。

     

    こういった世論調査の結果を聞くと、
    つくづく大衆が参加する民主主義とは最低な政治システムだと痛感する。
    古代ギリシア時代にプラトンやアリストレスらが、
    民主主義を「愚劣で堕落した政治に陥る」とした見識は全く正しいだろう。

     

    女性天皇や女系天皇を「容認する」と答えた7割以上の大衆は、
    一体、どれほどその意味を理解しているのだろうか?
    天皇という存在について、どのくらい理解しているのだろうか?
    恐らくは殆ど理解してなど居ないだろう。

     

    こんな大衆達が“無責任に”その時の気分で、はっきりと意見表明をする。
    そして、現在の民主主義制度はそのような大衆の声の影響を大きく受ける。

     

    皇室の男系継承は、神話の時代を含めるなら2600年以上、
    現代科学で確認できる範囲でも1500年以上、一度の例外もなく続いる。
    そして、一度女系を認めてしまえば、もう二度と男系継承に戻す事はできない。

     

    「女系天皇を容認する」と答えた人は、
    自分に最終決定権があったとしたら、同じ答えができるだろうか?

     

    民主主義制度の最大の欠点がここにある。
    大衆が良く分からないまま判断することは、表層的な問題に過ぎない。
    「責任感が欠落していること」これが最大の問題なのである。
    責任感を持っていれば、間違いは未来に向けての糧となる。
    責任感をもっていれば、もっと真剣に学ぼうとする。

     

    もしも、今の日本国民に責任感があれば、
    「女系天皇を容認する」という答えが7割を超える等と言う事は有り得なく、
    「どちらか分からない」が大半になるだろう。
    そうならない今の日本社会は、傲慢で無責任な国民が溢れていると言うことだ。
    大衆と言う群は人の愚かさを何千倍、何万倍にも増幅するのである。

     

    このような国民達が「容認する」と答えているのだから、
    女性天皇も女系天皇も、「容認しない」ことが恐らく正しいのだろう。
    大衆は殆どの場合、選択を間違える。
    とりわけ圧倒的多数が支持した選択肢は、100%間違いと言っても良いだろう。
    男系継承を「女性差別」と捉え、
    男女同権の観点で「容認すべき」という意見も多いのだから論外だろう。

     

    本来、自分たちの日々の生活に影響が大きい、政治や経済ですら、
    無責任な大衆達に皇室について意見を求めるのは間違いだ。
    しかし、GHQが日本国憲法に仕込んだ罠が、
    皇室について大衆が意見することを正当化した。

     

    『天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
    この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。』
    (日本国憲法第一条)

     

    日本国憲法のこの条文こそが、未来において天皇の存在を消すために仕込んだ罠だ。
    「国民の総意に基づく」
    この言葉を根拠に、多くの国民は皇室の事に意見できると勘違いしているのである。
    国民が、この傲慢さを改めなければ、
    いつか天皇という存在そのものを失う事になるだろう。

     

    続きを読む >>