一億総弱者社会の行き着く先

2019.08.05 Monday

1

2019年8月2日、日本政府は韓国を貿易上の「ホワイト国」の対象から外し、
中国や台湾、シンガポールなど多くのアジア諸国と同じ“普通の国”とすることを、
閣議決定した。

 

この日本政府の決定に韓国国内は大騒ぎだ。
「発狂」と言っても良いだろう。
日本としては、韓国との付き合いを“普通に”しただけで、
なぜ彼らはこれ程までに怒り狂うのだろうか?

 

その最大の理由は「被害者意識」だ。
歪んだ歴史教育に洗脳された結果、韓国民は日本という凶悪犯罪国家の被害者だと思い込んでいる。
だから、彼らはこれまでに日本が韓国に対して行った様々な経済援助や、
特別待遇を当然の事だと考えている。
日本にとっては、全く厄介な国と言わざるを得ないが、
韓国民にこれほど強烈な被害者意識を刷り込んだのは、
日本の責任に由るところも大きい。
「自分たちにも悪いところがあるなら、先に謝って水に流そう」
こんな日本国内でしか通用しない考え方を、
外交にも流用し韓国民の被害者意識を増長してきたのである。

 

今回の日本政府の判断は100%正しいだろう。
そしてやり方も実に巧妙で賢い。
これならば、韓国がどれだけ国際社会でロビー活動を繰り広げようとも、
韓国の味方になる国は少ない、または皆無だろう。
今回の事を契機に日本は過去の韓国との付き合い方を精算し、
韓国と適切な距離を取った新しい付き合い方を構築すべきだ。

 

同時に、我々はこれまでの韓国との付き合いから教訓を得るべきだろう。
「被害者、弱者ならば何をしても許される」
こんな思い込みをしている人が、今の日本社会には蔓延している。
韓国人化している日本人が増えているということだ。

 

未だに収束が見えない、沖縄の普天間基地移転問題はその象徴だ。
在日米軍基地を県内に数多く抱える沖縄県民は悲劇の被害者となり、
彼らを救う為なら、何をしても許されるとばかりに、
県外の人や何故か外国人まで参加して過激な基地反対運動が繰り返されている。

 

反原発運動も同様に、福島原発事故によって非難を余儀なくされた被害者を祭り上げ、
反政府運動の道具として利用している。
反原発運動は大都市部で盛んだが、彼ら大都市住民は原発の恩恵を受けている側だ。
福島原発で発電されていた電力は、ほぼ100%が首都圏向けであり、
あの原発事故以降も、大都市の電力は地方に頼っている構図は何も変わっていない。
果たして反原発運動の活動家に、「被害者救済」を叫ぶ資格はあるのだろうか?

 

普天間基地の移設問題も反原発運動も、
日本社会に「被害者なら何をしても許される」という空気が蔓延している一例に過ぎない。
このような悪しき空気が蔓延している最大の原因が、
「人権意識の高まり」なのは疑いようがないだろう。

 

「人権」の名の下に、「被害者」「弱者」「少数派」が優遇され特権を与えられ、
ごく普通に日々の生活を一生懸命に送っている人達が虐げられる。
こんな社会に今の日本は突き進んでいる。

 

殆どの場合、「加害者」と「被害者」を比べると、被害者は「弱者」である。
そして、先進国である日本は、ルールの無い弱肉強食の世界ではない。
だから、誰かが被害を受けたら、社会全体で被害者を救済し、
加害者には罰や教育を与える事は絶対に必要だ。
だが、同時にあらゆる人間社会の制度や法は、
社会全体の秩序を維持し、持続可能性を高める為に存在する。
本来は「人権」も、そういった目的に寄与するために規定された権利であり、
社会全体の事よりも優先されるようなものではない。

 

人間社会、日本社会はルール無用の弱肉強食の世界ではないが、
だからといって、「誰でも平等の世界」でもない。
そんな世界は人の手では作る事はできないだろう。
弱者や少数を優先する社会は、結局は社会全体の衰退をもたらす。
そして、その先に待っているのは本当の弱肉強食社会・・・
弱者は淘汰され、少数が切り捨てられる社会だ。
人権を振りかざし、「弱者救済」「被害者救済」を声高に訴える連中とは、
結局のところ、社会の破壊者に過ぎない。

 

社会が弱者に対してやって上げられる事とは、
社会全体が生み出した余裕の範囲でやれることだけだ。
それ以上の事は、「助けて上げたい」という気持ちを持った人が、
目の前の人に手を差し伸べて実現すべきであり、
その想いを社会全体に強制すべきではない。
そんなことは独りよがりの偽善に過ぎない。

 

身体障害者でも健常者でも、
同性愛者でも異性愛者でも、
金持ちでも貧乏人でも、
女性でも男性でも・・・どんな人でも生きていく事は辛い事が多い。
「どちらの方が辛い」などと比べられるものではない。

 

今の日本社会の至る所に溢れる「弱者」とは何なのか?
今回は弱者について考えてみたい。

 

 

 

 

続きを読む >>