コロナに打ち勝つために

2020.08.07 Friday

0

    2020年8月現在、相も変わらず日本国内はコロナに過剰に怯える日々を続けている。
    東京では、知事が8月一杯の営業自粛要請を再び出し、
    お盆の帰省も控えるように訴えている。

     

    この状況は4/7に政府が緊急事態宣言を出した時に十分に予測できた事態だ。
    一日に100数十人レベルの感染者で緊急事態宣言を出したのだから、
    緊急事態宣言を解除すれば、
    直ぐにまた同じレベルかそれ以上の感染者が発生するのは当たり前の事だろう。

     

    また無意味な感染者数という指標で大騒ぎしているので、
    恐らく、もう暫くすると感染者数は減少するだろう。
    そして、自粛を緩和するとまた感染者数は増える・・・
    根本的な事を改めなければ、こんな事が来年も続く事になるだろう。

     

    改めるべき根本的な問題とは、国民が自分の頭で「考える」事だ。
    今のコロナ禍と呼ばれる状況を作り出した一義的な責任は報道メディアにあるが、
    結局のところ、そんな報道メディアの垂れ流す情報を信じる国民が最大の問題だ。

     

    今の日本人の多くは、自分で考える事ができない、あるいは放棄していると私は思う。
    例えば2020年8月6日現在の年代別のコロナウイルスの死亡率は、
    20歳未満で0%、30歳未満で0.01%(1名)、40歳未満で0.03%(4名)・・・
    全体でも7.5%となっている。

     

    しかも、この死亡率は入院患者を分母とした結果なので、
    実際に自分がコロナに感染し死亡する確率は、もう2つ程桁が小さい数字になるだろう。

     

    こういった情報をTVは殆ど報じない。
    しかし、インターネットを通じて誰でも簡単に知る事ができる数字だ。
    本気でコロナを恐ろしい感染症と考えているのなら、
    死亡率のような基本的な数字は知ろうとするのが当然だろう。

     

    だが、殆どの国民は自分でこういった数字を探さない。
    そして、そういう人間ほど、新型コロナウイルスを恐れる。

     

    毎年インフルエンザでどれくらいの人が亡くなっているのか?
    自動車事故では?自殺では?
    こういった新型コロナ以外の死因の死亡者数も全く知らない、知ろうともしない。

     

    世界は常に死のリスクに溢れているのだから、
    他のリスクと比較しなければ、新型コロナウイルスの脅威度を測りようもない。

     

    感染防止の柱となっている「3密回避」についても、
    殆ど意味がない事は少し考えると分かる事だ。
    世界最高レベルの人口密度である日本国内で3密を回避し、
    SocialDistanceを確保した結果とは、“通常状態の”欧米だ。
    そして、その欧米では日本を遙かに超える感染者を出している。

     

    自分の頭で考えるなら、恐らく殆どの人は今回の新型コロナウイルスは、
    「普通の風邪程度なのでは?」
    「3密回避は感染防止にあまりならないのでは?」
    と言う結論に達するのではないだろうか。

     

    コロナに打ち勝つために、今一番必要なのは国民1人1人が自分の頭で考え、
    その結果、「普通の風邪程度の病気」という結論を得る事だ。
    今のようにこのウイルスの脅威度を高く見積もっている内は、
    何をしても状況は改善しないだろう。

     

    「自分の頭で考える」
    今の日本では簡単なようで、実は難しい事だ。
    何故なら、我々は義務教育レベルから「考えない教育」を受けているからだ。

     

    学校教育の基本は教科書に書いてある事を正確に記憶することであり、
    受験とはその量と正確さを計る。
    先生の言う事、学校のルールに盲目的に従う事を求め、
    それを守れない者は「落ちこぼれ」とされる。

     

    一応、夏休みの自由研究等で、自分でテーマ設定し考える力を養うカリキュラムはあるが、
    生徒が「なぜ宿題をやらなければならないのか?」というテーマ設定をすると、
    教師は「それはダメだ」と認めない。

     

    教師が認めたテーマ、
    例えば「なぜ戦争が起きるのか?」というテーマで自分の考えを示したとしても、
    それを教師に評価される。

     

    これでは、生徒達は「教師に高評価を貰える結果」を求め、
    真の思考力を身に付けることは難しい。

     

    更に厄介な事に、そう言った学校教育を真面目に行った人ほど、
    自分は他者より深く広く考えていると思い込んでいる。
    そして、今の日本は学生時代を真面目に過ごした「素直で良い子」が圧倒的に多い。
    これが、日本で新型コロナウイルスを深刻な病気にしている大きな理由だ。

     

    考える為には、まずはテーマ設定が必要だ。
    果たしてコロナに打ち勝つためには、どのようなテーマ設定が適切だろうか?
    先ずはそこから始めてみよう。

    その先に、コロナに打ち勝つためにの答えがあるだろう。

     

    続きを読む >>