国民の無責任を許してくれた安倍政権

2020.09.01 Tuesday

0

     

    2020年8月28日、安倍晋三内閣総理大臣が辞任を発表した。
    辞任の理由は、持病の「潰瘍性大腸炎」の悪化だった。
    これにより、在任期間7年8ヶ月という明治以降で最長の政権が終わりを迎える。
     

    これだけの長期に渡り、日本の為に働いてくれた安倍総理に、
    まずは、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたい。

     

    安倍政権の評価は人によって様々だろうが、
    私は間違い無く、戦後最も偉大な総理大臣だったと思う。
    とは言っても、出来なかった事や失政の方が多かった。
    しかし、これは選挙を基盤とした民主主義を採用している限り、致し方ない事だ。

     

    所詮、民主主義とは「糞の中から、少しでもマシな糞を選ぶ制度」に過ぎない。
    2009年9月16日、我々は民主党政権と言う「最悪の糞」を選んでしまった。

     

    民主党政権末期の2012年、日経平均株価は8,500円にまで下落した。
    安倍政権は、これを24,000円程度まで回復させる。
    2012年の自殺者は27,858人だったが、2019年は20,169人だった。
    完全失業率は4.3%から2.4%へ改善。
    有効求人倍率は0.8から1.6へと向上した。

     

    株価の下落も、失業率、有効求人倍率の悪化も、我々の日々の生活に直結する。
    民主党政権下で多くの日本国民は間違い無く不幸になった。

     

    しかし、これらは全て日本国民の責任と言える。
    それが、民主主義と言う制度だ。

     

    極論すれば、民主主義は国民を幸せにするものでは無い。
    国民を害する権利は、国民にしかない。
    民主党政権のような政権を生み出したのは、
    確かに国民自身で、他人を責めようがない。

     

    一方、専制政治の問題とは、国民が政治の失敗を他人のせいにできる。
    この点に尽きると言えるだろう。
    民主政治も専制政治も人間が行う事なので、名君も暴君も生まれる。
    専制政治の名君による善政と、民主主義の善政を比べるなら、
    前者の方が優れているだろう。
    だが、聡明な君主の出現は極めて稀だ。
    故に「最悪の民主主義」は「最良の君主政治」に勝ると考えられている。

     

    だが、この最悪の民主主義において辛うじて残ると考えられているこの美点自体、
    あまりにもお花畑な見通しと言えるだろう。
    それは、安倍政権の7年8ヶ月を見ても明らかだ。
    メディアの反政府的な偏向報道に煽られ、
    国民は政治の失敗を常に他人のせいにし続けてきた。

     

    安倍政権は偉大な政権ではあったが、
    功罪を比べるなら、罪の部分の方が多かっただろう。
    だが、それは国民の責任に対して無理解だからでは無いだろうか?
    安倍政権の終わりを契機に、我々国民に逃れがたく迫る責任について考えてみたい。

     

    続きを読む >>